INFORMATION

2020.09.30

【MARR Online】新連載:Withコロナ時代のクロスボーダーM&Aの実務と新潮流

TOPICS

【MARR Online】新連載
Withコロナ時代のクロスボーダーM&Aの実務と新潮流

M&A情報・データサイト「MARR Online」にて代表パートナー森 幹晴弁護士の連載(全7回)の掲載が開始しました。

連載第1回として、「総論:日本企業によるクロスボーダーM&Aの実務の諸課題と新潮流」について執筆しています。
(掲載日:2020年9月16日)

記事については、こちらよりご覧ください。
(連載第1回は会員登録不要、2回目以降についても、無料会員様からお読みいただけますので、ぜひこの機会にご登録いただけたら幸いです。)

本文の一部を抜粋し、ご紹介します。
-----
これまで多数の日本企業による欧米、アジアなどでのクロスボーダーM&A案件を支援する機会に恵まれたが、新型コロナ感染症は、日本企業のクロスボーダーM&Aの実務に大きな影響を及ぼすと予想される。今回、クロスボーダーM&Aの実務に携わる弁護士の視点から、「Withコロナ時代のクロスボーダーM&Aの実務と新潮流」というテーマで連載の機会を得た。実務の現場は、朝はアメリカ西海岸から、日中は日本企業のクライアントとアジアの国々、夕方には欧州と夜遅くにアメリカ東海岸からと、1日中メールが飛び交って、会議と電話/Zoom会議をはしごする日々である。どれ1つとして同じ案件はなく、常に新たな問題に直面しては頭をひねり、どう解決したら良いか、試行錯誤を繰り返している。今回から7回にわたり、クロスボーダーM&Aの最前線で泥臭く取り組んでいる課題と、「Withコロナ時代」の実務の新潮流について、事例を交えながら、私なりの工夫や洞察を含め私見を紹介したい。初回の今回は、総論として、クロスボーダーM&Aの実務で感じている骨太な諸課題について述べたいと思う。Withコロナ時代に焦点となる各論点やクロスボーダーM&Aの最新事例については、第2回以降で取り上げる予定である。企業でクロスボーダーM&Aに取り組む方々の参考になれば幸いである。
-----

同記事についてご質問などございましたら、ぜひお気軽にお問合せください。

BACK TO TOP