出版等

時事通信社発行「金融財政ビジネス」(2022年1月20日号)に、代表パートナー 森 幹晴 弁護士の「株主価値の最大化、公明正大さに課題 SBIによる新生銀へのTOB」と題するインタビュー記事が掲載されました。

時事通信社発行「金融財政ビジネス」(2022年1月20日号)に、代表パートナー 森 幹晴 弁護士の「株主価値の最大化、公明正大さに課題 SBIによる新生銀へのTOB」と題するインタビュー記事が掲載されました。>>詳細はこちら* 本...

代表パートナー 森 幹晴 弁護士の論説が、日経新聞(2021年12月29日付)の「経営者vs.株主、激しい攻防〈混迷2021〉東芝・関西スーパー・新生銀行の苦境 企業価値向上、なれ合い排す」と題する記事に掲載されました。

代表パートナー 森 幹晴 弁護士の論説が、日経新聞(2021年12月29日付)の「経営者vs.株主、激しい攻防〈混迷2021〉東芝・関西スーパー・新生銀行の苦境 企業価値向上、なれ合い排す」と題する記事に掲載されました。 詳細はこちら>>...

旬刊経理情報2021.6.20増大号(No.1614)に、富士通コンポーネント株式会社 代表執行役社長 (前・パナソニックベンチャーズ社長)木下雅博氏による当事務所の書籍「クロスボーダーM&Aの契約実務」(中央経済社)の推薦記事が掲載されました。

旬刊経理情報2021.6.20増大号(No.1614)に、富士通コンポーネント株式会社 代表執行役社長(前・パナソニックベンチャーズ社長)木下雅博氏による当事務所の書籍「クロスボーダーM&Aの契約実務」(中央経済社)の推薦記事が掲...

代表パートナー 森 幹晴 弁護士、竹内 悠介 弁護士が共著で執筆した『相手国仲裁・第三国仲裁事案を踏まえたクロス仲裁条項の活用法―いかにホームで戦うか―』がJCAジャーナル2021年11月号に掲載されました。

代表パートナー 森 幹晴 弁護士、竹内 悠介 弁護士が共著で執筆した『相手国仲裁・第三国仲裁事案を踏まえたクロス仲裁条項の活用法―いかにホームで戦うか―』がJCAジャーナル2021年11月号に掲載されました。詳細はこちら>>...